老け顔に見える話し方


滑舌の良し悪しが、老け顔か否かを左右する!?


そう言うと、意外だと驚く人がいるかもしれません。


でもじつは、話し方は顔の印象にとても大きな影響を与えています。


清音の悪い人で、話すときに「ねちゃねちゃ」とねばつくような音を立てる人がいますよね?


この音が、ずばり「老け音」です。


人間は五感で生きているので、視覚のみならず、聴覚でも相手のイメージを判断しているものです。


しゃべるときにこの音がすると、見た目は若そうなのに、話すと無意識のうちに「思ったより年齢が上なのかなふと感じるのです。


そもそもなぜ、この音が老けを感じさせるのでしょうか?


それは、ねちゃねちゃ音は、口内が乾いていることによって生じるから。何らかの原因で唾液の分泌量が減ると、このような老け音を立ててしまうことがあるのです。


また、舌は噛み合わせや口元の歪み、姿勢と関係があり、表情筋の一部である舌の筋肉が衰える場合もあります。


舌自体が老化してこの老け音が生じている場合もあるのです。


したがって、唾液を出したり舌を鍛えたりする努力が必要です。


ちなみに、ある歌手さんは、いくつになってもアイドル時代を思わせる愛らしさをキープしていますよね。


見た目の印象はもちろんですが、あの独特のしゃべり方にもいつまでも老けない秘密が隠されていると思います。


少したどたどしく聞こえる「らりるれろ」の発音が、ピュアさを感じさせて若々しい印象に映るのです。


ただし、彼女独特の「らりるれろ」だからこそ、好感が持てるってこと、忘れてはいけません。


「にやにいにゆにえにょ」になると途端にガクッと老ける。


たかが舌だと侮るなかれ!!


ホームページ1

ホームページ2



すっぽんコラーゲン

ダイエットならエッセンシア酵素ドリンク

老け顔に見える話し方